紳士靴のヒール交換

20160518110211702.jpg
紳士靴のヒール交換の依頼があました。

毎度、ありがとうございます!

今回は、お客様のリクエストで、ヒール交換後に

キスト(ヒールの補強材)を取り付けました。
2016051811021148a.jpg
このキストには、現在、ゴム系のものと金属製のものがあり、

昔は、ヒールの材料に今程、耐久性が無かったので、多くの方が

利用していたようです。日本軍もドイツ軍もヒールには、一部金属が

使われていました。

確かにキストを取り付けるとヒールの耐久性は、良くなります。

新品、もしくは、ヒールを交換した際に取り付ける事をお勧めします。

スポンサーサイト

プーマ(PUMA)のスニーカーの修理

20160204112619fe6.jpg
当店のお得意様のSさんより、愛用のスニーカーの

修理依頼があました。毎度、ありがとうございます!

40年程前のスニーカーということです。

靴の内側のカカトの当たる部分、市革といわれていますが、

この部分が、破れてしまっていました。
20160204112619e58.jpg
このスニーカー、本体は本革で作られていますが、この部位は、

合成皮革でした。そこで、当店にストックしてある、赤系の本革より

お客様に選んで頂いて、修理しました。
20160204112619e03.jpg
20160204112619c68.jpg

合成皮革で作られた部位も本革になり、末永くご愛用頂け様に

なりました。

こういった修理は、スニーカー以外、紳士靴等でも行っています。





コンバース(CONVERSE)のスニーカー修理

20160121111543350.jpg
コンバース(CONVERSE)のALL STARの修理依頼があました。

毎度、ありがとうございます!

やはり、カカトの部分が、方減りしてしまったいました。

傾斜板を使って、元に戻します。
20160121111543129.jpg
傾斜板のカラーは靴底ではなく、本体のカラーと同じホワイトを

使用しました。
201601211115434ae.jpg
コンバース(CONVERSE)等のスニーカーは、ワークブーツ等と

違い、修理をして履く事を前提に作製されてないので(私見ですが・・・)

修理に若干、時間もかかります。しかし、お客様にとっては、思い入れが

あるのでしょう、私としてもお客様と相談しながら、何とか再生させて頂いて

おります。

今回の修理代金、1200円(両足、税込み)です。

コンバース(CONVERSE)の修理は、是非当店へ!!


お待ちしております。



スニーカーにファスナー取り付け

201511091013217be.jpg
スニーカーへのファスナー取り付けの依頼があました。

毎度、ありがとうございます!

コンバース等のスニーカーにファスナー取り付けを希望されるお客様は

靴の横ではなく、後ろにファスナー取り付けをご希望される方が多いです。
20151109101321b62.jpg

これで、脱ぎ履きは、楽になりました。

今回の修理代金、6000円(両足税込み)です。


カンペール(CAMPER)のソール交換

2015101101124801e.jpg
カンペール(CAMPER)のソール交換の依頼があました。

毎度、ありがとうございます!

カンペール(CAMPER)のソール交換では、

中底(ミッドソール)を取り付けてビルケンシュトックを

ソールとして取り付けています。
20151011011248589.jpg
20151011011248a9a.jpg
修理前は、ソール自体が割れていて、少し濡れた路面でも

水が浸みてきたそうです。でも、これで大丈夫です。

ビルケンシュトックの10ミリの材料を使用したので、以前のソール

よりも厚く、耐久性もあります。







靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR