2.26事件について思う

2014022622432310a.jpg
今日、2月26日は、2.26事件のあった日です。

1936年(昭和11年)2月26日の東京は雪に見舞われ、一面の

銀世界、その中で、陸軍の青年将校らが首相官邸等を急襲し、

大蔵大臣だった高橋是清らを殺害したのが、2.26事件です。

総理大臣をつとめた後に大蔵大臣となった高橋是清は、昭和恐慌を

積極的な財政出動により乗り越えた気骨の政治家といわれ、

金融恐慌を克服した後は軍事予算削減により財政健全化に努め、

この政策が軍部の恨みを買って、事件に発展したと聞いた事が

あります。この2.26事件が勃発する以前にも昭和5年には、

「政治ほど真剣なのもはない、命懸けでやるべきもの」との信念をもち、

凶弾に倒れながら「男子の本懐」と叫んだ浜口雄幸首相や、昭和7年

には、5.15事件で犬養毅首相がそれぞれ凶弾に倒れています。

まさに、テロやクーデターが続発していた時代だったんですね。

こういう時代の政治家は偉かったと、つくづく思います。

5.15事件の際の犬養首相は、警備の人の「お逃げ下さい!」の

声をさえぎり、「話せば分かる」と武装した青年将校を客間に

招き入れているんだよね。今の政治家の人と覚悟が違うような

気がするのは私だけだろうか?まぁ、職人風情の私みたいな

ものから言われたくないかもしれませんが・・・。

そんな事を考えながら、2.26事件関連のDVDでも

見て見ますか。
201402262243235e1.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR