オーストリッチのハンドバッグの内袋交換

オーストリッチのハンドバッグの内袋交換の

依頼があました。

内袋に合成皮革が使用してあり、化学変化を起こして、

ベトベトになってしまっていました。

何故、このような事が起こるのか、お客様からよく

質問頂きます。航空機や自動車だったら、使用している部品が

長い時間使っていると、どうなるか実験とか行うのでしょうが、

カバンは、そのような事は、していないようです。

もし、仮に実験していれば、こういうことは無いのかもしれません。

私が思うに、日本の気候が原因では、ないでしょうか。

また、お父さんの通勤カバンのように毎日使っているカバンは、

合成皮革の表面はカサカサになって剥がれてきますが、ベトベトは

しないようです。何故かって?科学者じゃないから、分かりません。

また、何か(ベンジンの様なもの)塗ったら直りますか?(しかも、当店に依頼

するのじゃなくて、自分でやる気、聞くだけの人)という質問も、たまに

頂きます。私は、合成皮革のベトベトを何か塗って直す方法を知りません。

という訳で、当店では、カバンを分解して、本革を貼り直しています。

お客様から「革じゃなくて、布でもいいんですけど?」と言われますが、

当店では、耐久性という観点に立って、お客様に末永く、愛用していただきたく

本革を使用しています。

今回のハンドバッグは、全て分解し、内袋を付けて、元の針穴に糸を

通し、再生しました。手縫いの部分が多くなりますが、お客様に

喜んでいただきたい一心で取り組んでおります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR