スコッチグレイン(SCOTCHGRAIN)のソール交換

日本を代表するドレスシューズ、

スコッチグレイン(SCOTCHGRAIN)のソール交換の依頼があました。

ありがとうございます!

今回のお客様、お持ちになられたスコッチグレイン(SCOTCHGRAIN)を

十年程愛用されているとのことでした。

「いいもの長く使う」私も大賛成です。いいもの程、長く使うと

味が出るものです。

イギリスの言葉に「私は、安い靴を買うほど、お金が無い」というのが

あります。キチンと作られた靴は長く履く事が出来る(勿論、修理をして)

という事でしょうか?

今回は、そんなイギリスにあやかる訳では、ありませんが、

イギリスのHarboro Robber社製のダイナイトソール(Dainite)を

ソールに取り付けました。100年程前から同じデザインで

この凸凹が有ることによって、優れたグリップ力があり、濡れた路面でも

しっかりとグリップしてくれます。しかも、ドレッシーな場面でも、

靴を履いた状態では、凸凹は殆ど目立ちません。

今回の修理値段は、9000円(両足、税込み)です。

これからの梅雨の季節、ダイナイトソール(Dainite)で

しっかり、足元をグリップしてみませんか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR