小説「苦役列車」

IMGP1137.jpg 芥川賞受賞の小説、西村賢太作「苦役列車」を読みました。 最近の芥川賞の作品は文藝春秋に掲載されたものを、読んで きましたが、私の頭が悪いのか、ハッキリ言って何が言いたいのか よく分からない作品が多かったように思いましたが、今回の「苦役列車」は すごく面白い作品でした。 舞台はバブル前の(私の記憶では、バブル経済は昭和62年12月から 始まったと思いますが・・・。)昭和61年、日雇いの派遣労働者として 働く、学歴も何もない青年の物語。作者の私小説的な作品。 作者の西村氏が中卒という学歴で芥川賞を受賞した事も話題に なりました。 たしか、過去にも芥川賞受賞の作家で、今はホームレスをしている 人の話を本で読んだことがあります。「沖縄の少年」の作者だったでしょうか? 今回の作品は一読をお奨めします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR