連合赤軍 永田洋子死亡に思う

IMGP1089.jpg 2月7日(月)の読売新聞に「連合赤軍 永田死刑囚死亡」の 記事が掲載されていました。連合赤軍事件の主犯で、元最高幹部の 永田洋子死刑囚が東京小菅の東京拘置所で多臓器不全のため、65歳で 死亡したという内容でした。 私は高校3年の時、必修クラブで「時事研究クラブ」というのに入っていて (木崎出身の元To Be Continueの岡田君も同じクラブでしたが・・・) 群馬の事件ということで、この「連合赤軍事件」と「大久保清事件」を 研究していました。その時、実は永田洋子が「ようこ」ではなく「ひろこ」だと 知りました。色々調べていく中で「連合赤軍」が東京から日帰りできて、隠れる所に 恵まれているので群馬をアジトにした事、永田死刑囚があの「大久保清事件」の 記事をファイルして持っていた事を知りました。 (大久保清は遺体を田んぼの中に穴を掘ってうめたりした)永田死刑囚もいずれ 総括という名の下に殺した遺体の事を考えて「大久保事件」に興味をもったのか 真意のほどは分かりませんが、当時、二つの事件が興味深いところでリンクしていた ことに驚いた記憶がこの「永田死刑囚死亡」の記事で蘇りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR