ブルガリのベルト

IMGP0601.jpg ブルガリ(BVLGARI)のベルトの修理依頼がありました。 イタリア製なので少し大きいのでベルト穴をあけてほしい との以来でしたが、 IMGP0602.jpg 現在存在するベルト穴より数を増やす事は高級ブランドの持つ エレガントさが失われるので、バックルのところで始めについていたのと 同じ状態で長さを調整しました。 IMGP0603.jpg これで、ブルガリ(BLVLGARI)というブランドのもつエレガントさを残せました。 ブランドのベルトに限らず、大きいのでベルト穴を開けてくれという以来が多々 あります。中にはそのままベルト穴を開けても遜色のないベルトもありますが、 多くはバックルのところで調整した方が綺麗です。通常のベルトはベルト穴が 3個か5個、まれに7個というのもありますが、これに更に穴を増やすのは、 今の政治のように締りがないようなので・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR