「愛を読むひと」

映画「愛を読むひと」を公開直後に鑑賞してきました。 クライマックスの意外な展開に驚きました。ただの 恋愛物語かとおもいきや、ナチス裁判にまで話が 及ぶ展開。かつて、アウシュビッツに行った事の ある私は大いなる関心をもって鑑賞しました。しかし、 ケイト・ウィンスレット演じるハンナが何故最後まで 秘密を隠すのか理解できず、原作の本を買って読んで みました。でも正直理解できませんでした。ほとんどの ナチス戦犯は言い逃れか、命令に従っただけといっている のに・・・。でも、ケイト・ウィンスレットが映画の中で若い 恋人の体を丁寧に洗ってあげているシーンは、私には 何か記憶を刷り込んでいるように思えてなりませんでした。 IMGP0146.jpg IMGP0145.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR