選挙と志村けん

明日、12月16日は衆議院議院選挙です。

私は12月9日の日曜日に家族で期日前投票に行ってきました。

今年、二十歳になる長女は、政治には全く感心がなく、

生まれて初めての選挙も、当初行く気がありませんでした。

選挙は国民の権利であり、義務であること、今決まった事が

数十年後に自分に跳ね返ってくること、など話をして何とか

学生生活を送る、大宮から呼び寄せ、期日前投票をさせる事が出来ました。

前回の衆議院議院選挙でも投票率は69%、今回はそれにより少ないと言われて

います。
IMG_20121215_145652.jpg

この夏に見た映画「アウンサンスーチー 引き裂かれた愛」で

独裁政権に終止符を打つ選挙がミャンマーで行われる時、

多くの人が投票所に列をなしている映像が印象的でした。
IMG_20121215_145730.jpg


マイケル・ムーア監督の映画「シッコ」の中で、

イギリスの元国会議員のT・ベンという人がこんな事を言っています。

「借金苦に選択の自由などない、借金苦のものは希望を失い

投票もしない。もし、英国や米国の貧者が本気になって

自分の代弁者に投票したら、真の民主主義革命が起こる。

それは困るから体制側は希望を奪う。

国家の支配には、二つの方法がある。恐怖を与える事と、士気をくじく事、

教育と健康と自信を持つ国民は扱い難い。」と。

よく投票に行かない人は、自分の意志で行かないんだと言っていますが、

私には、国民としての義務と権利を放棄しているとしか思えません。

かつて、私も一票を投じたくなる候補者がいない選挙が数回ありました。

その時は、棄権はしなく、投票用紙には、迷わず「志村けん」と書きました。

無効票だから意味がないと思われますが、私は、そうは思いません。

もしも無効票が多くなれば、政治アナリストの伊藤あつお先生も言ってましたが、

選挙制度が変わって、一定数以上の無効票があると、その選挙は無効となるかもしれません。

また、政権政党も今より頑張るはずです。

もし、私のブログを呼んでいる方の中で、今回の選挙を棄権しょうと思っている方は

よく考えて、自分の考えに近い方に投票をしてください、仮に、投票したい候補者が

いない場合でも棄権はしないで下さい、好きな女の子の名前でも、何も書かなくても

いいから、選挙には、いきませう!

因みに私は、自分の考えに一番近い候補者と政党に投票しました。

選挙って、一人当たり650円税金かかっているんだって、知ってました?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR