映画「42 世界を変えた男」を見て考えました。

201311181055151ee.jpg

現在、公開中の映画「45 世界を変えた男」を見る事が出来ました。

この映画は大リーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの物語です。

1947年、400人のメジャーリーガーの中で、たった一人の黒人選手となった

ジャッキー・ロビンソン、「野球はデモクラシーのシンボルだ」といわれながら、

白人と黒人が一緒に野球をするという概念すらなかった時代、彼には、黒人だという

理由で、様々な困難がふりかかってきます。観客ばかりか、本来公平であるはずの

審判、はては、自分のチームメイトさえ、全て敵にまわす中、

「やり返さない勇気」で迫害に耐え、ただ黙々とプレイを続けることで、自分の

存在価値を証明し、ひとり、ひとりが彼の味方になっていきます。今では、毎年、

4月15日、大リーグでは、グランドにいる全員、どのチームのどの選手も、敵も

味方も関係なく、全球団共通の永久欠番、ジャッキー・ロビンソンの背番号「42」を

つけ、彼の偉業を称えるそうです。彼の活躍がなければ、その後のイチローなどの

ように人種の違う選手の登場はなかったとされています。

「やり返ささない勇気」、倍返し等という言葉がこの夏はブレイクしました。

他人に何かされて、アクションを起こさないでじっと耐えるのには、やり返す以上に

勇気がいるのでは、ないでしょうか?

私も「整形靴の勉強はされましたか?」等という上から目線の所在を明らかにしていない

クソッタレ質問をしてくる、めんとむかってキチンと物を言えないチキン野郎に「ムカッ」と

きたりすることもありますが(ご来店されたお客様に、あんな風に言われてムッときませんか?と

聞かれてしまいました。)ジャッキー・ロビンソンのように立ち振る舞いたいなぁと思うのであります。

でも、無理かなぁ?言っているそばから違うか?これアップしたら、また、変なコメント来ちゃうかも!

「やり返さない勇気」、わかっちゃいるけど難しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

靴・かばん修理と合カギの店ホップ

ホップ高橋

Author:ホップ高橋
いつも初心を忘れずに頑張っています。
● 高崎市下横町10-4
● TEL&FAX:027-324-5240
● am10:30~pm7:00
● 日曜定休
▼ホップのホームページ
http://hoprepair.web.fc2.com/
★お問い合わせはお電話で!
※メールではお答えできません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
にほんブログ村1
Colossal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR